suzy's favorite things

一定期間更新がないため広告を表示しています

傷つけたことも忘れて、傷ついたことも忘れて、
辛いことはぜんぶ忘れて、なんとなく毎日を過ごしていたら
たぶん好きだってことも忘れられるんだと思う。
大丈夫、ちゃんと忘れてあげるよ。
いつかたまに思い出して、若かった、で片づけられちゃうような思い出に
なりたくなんて本当はなかったんだけど。
大丈夫。
生きてる心地はまったくしないけど、でもちゃんと生きてる。
本当に好きだった。

という言葉が、見た目的にきれいだと思ってしまう。
正しくは「本当に好き」だよね。
過去形になんて出来ないよ。
でも、別れたので。
これで良かったなんて、全然思っていない。
でもね、たぶん彼にとってはこれで良かったんだと思う。
傷つけたことには変わりない。
わたしは彼を、とてもとても傷つけた。
これ以上一緒に居ても、傷つける一方なんだと思う。


  カテキョまで時間があったので、一度帰宅。
  寒すぎる。なんだか疲れちゃった。
  頭がごちゃごちゃする。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。
  知らず知らずのうちに、傷つけてしまったのかもしれない。
  自分のことに精一杯で、周りが見えていなかったのかもしれない。
  日曜日までは、できるだけ考えないようにしよう。
  自分のことしか考えずに、こうなってしまったんだったら、
  最後までやらなくっちゃ、どっちに転んでも悲しいだけだ。

  でも、夢の代わりに大切なものを失ったら
  わたしはちゃんと笑えるのかしら。
  自分ってそんなに大切なのかしら。
  誰のために何のために、生きているのかしら。



さすがにこの日記読んだら涙が出てきた。
将来のことを、夢という自体、もう現実が見えてない証拠だけど
大切なものを、わたしは失った。
自分って、言うほど大切じゃないよね。
大切な存在があってこその、毎日だったのにね。
後悔して、後悔して、後悔して、泣いて、泣いて、泣いて、
それでも戻れない。いつまでも一緒に居たかった。
彼の気持ちがわからない。
それ以上にわからないのは、わたし自身の気持ち。
煩わしい、というのが、いちばんしっくりくる表現のような気もするし
それは語弊があるような気もする。感情に名前をつけるのは難しい。
彼が暇なとき電話して、と神妙なメールを送ってきたので
これはもう別れ話をされるのでは、と構えていたら
なんでもなくて。あの不機嫌なメールはなんだったのだろう。
そもそも、用事もなければ電話しない彼女ってどうなんだろう。
わたしって、なんなんだろう。
辛くて苦しい。先が見えない。足が竦む。胸が痛い。
しばらく休止していましたが
やっぱりぐちぐちと書きたくなりますね。弱いから。
彼とは数週間に1回は会っている。
手を繋いで歩いたり、ときどきキスをする。
そんなことを数ヶ月間続けている。
だからわたしは、そういう生活に慣れてしまった。
それ以上先になんて進みたくないと思う。
4年以上付き合ってきて、何をいまさら、と思うけど。
男の子と女の子の違いなのかなあ。なーんて。
必要以上に触られると、彼に対しても嫌悪感を抱く。
どうしてこんななってしまったんだろう、って。
彼との未来が見えないというのは、こういうこと。
彼と結婚したい。そしたら子供のためだって割り切れるのに。
自分がどれだけ最低な人間か、わかってる。
でも恋人だからって体を許さなきゃいけないの?
そこは理屈なの?
この数ヶ月間で自然に芽生えた感情に、原因なんてあるの?


泣いてしまう夜もある。
そんな想いは押し込めて、笑顔を作る。
だから、こころから笑えるできごとがあると
本当に本当に幸せだと思う。

ふたりに未来はあるのかなあ。
遠い、漠然とした未来なら想像できるのに。
明日が想像できなくて。

| 1/5 | >>